中国レンタルWi-Fi最安を見積もり調査した結果

中国に旅行や出張で出かける時「現地でのインターネット接続をどうするか」は頭を悩ませる問題だ。

現地のSIMカードを購入するのも良いが、設定や条件を考えるとレンタルWi-Fiルーターの方が簡単。

ただレンタル料が高くなる印象が・・・

ということで実際に見積もってみて、最安値の会社を紹介する。安心保証も付けての最安値だ。

今回は、中国の旅行や出張向けのVPN付きレンタルWi-Fiルーター有名6社を比較した。

中国で必須|VPNとはなにか
「中国でネットを自由に使うにはVPNが必要だと言われるが、VPNとはなんぞや?」 私は中国に来るまでVPNについて全く知らなかった。 だが確...
VPN機能がついているレンタルWi-Fiなら、中国国内でもLINE・Gmail・Facebook・Twitterを使える。

中国レンタルWi-FiのVPNプラン付き有名6社

中国で使えるレンタルWi-Fiルーターを扱っている下記の6社で見積もりをとって検証した。

いずれのレンタル会社も、ネット規制を回避できるVPN機能を備えている。

  • 中国WiFi「チャイナデータ」
  • イモトのWiFi
  • グローバルWiFi
  • 海外WiFiレンタルのエクスモバイル
  • Wi-HO!(ワイホー)
  • jetfi(ジェットファイ)

最安はどこか

上記6社の中で最安はどこのレンタルWi-Fiか?

レンタル条件は下記の通り。

  • 1台レンタル
  • 4G/LTE回線で一番安いプラン
  • 宅配受け取り・宅配返却
  • 安心保証は全額補償のパック
  • その他のオプションは無し

では「3泊4日の中国旅行」レンタルWi-Fiルーターを使ったら最安はどこかランキング形式で紹介する。

1位:チャイナデータ

チャイナデータは、合計3,920円。1日1000円以下で、しかも送料込みの値段だ。

オプションはほとんどないが、値段面では一番です!

公式サイト中国WiFi「チャイナデータ」

中国で「チャイナデータ」のレンタルWi-Fiを使うメリット
中国で使えるレンタルWi-Fi「チャイナデータ」。 もし中国に出張や旅行で「チャイナデータ」のWi-Fiを使う場合、メリットは何か? 他のレンタルW...

2位:エクスモバイル

エクスモバイルは、合計4,561円。大手の半額以下に抑えてきた。

返却費を加えると、約5,000円ほどだ。

公式サイト海外WiFiレンタルのエクスモバイル公式サイト 

3位:Wi-Ho 中国のWi-Fi【ワイホー】

Wi-Ho【ワイホー】は、合計5,324。返却費用を加えると6,000円ほど。

公式サイトWi-HO!(ワイホー)公式サイト

4位:jetfi(ジェットファイ)

「jetfi(ジェットファイ)」は、合計で5,520円だ

見積もり総額に、受け取り・返却の送料が加わり6,770円になる。

公式サイトjetfi(ジェットファイ)公式サイト

5位:グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは、合計8,720円。やはり大手といった印象。オプションの充実はさすが

返却費を加えると、9,000円以上。

公式サイトグローバルWi-Fi 公式サイト

6位:イモトのWi-Fi

イモトのWi-Fiは、合計9,020円でした。全体的に高級感ある結果になってしまった。サービスの充実を考えると頷けるところ。

返却費を加えると、9,500円ほど。

公式サイトイモトのWi-Fi 公式サイト

中国で「イモトのWi-Fi」を使うメリット
中国で使えるWi-Fiルーター「イモトのWi-Fi」。 言わずと知れたレンタルWi-Fiの大手だ。中国国内でもネット規制を受けずに自由にネットを使うことが...

中国で使えるレンタルWi-Fi最安値は

中国で使えるレンタルWi-Fiルーターの最安値はチャイナデータ。無駄なものを削ぎ落として、レンタルWi-Fiルーター一択で勝負した結果だろう。

エクスモバイルも、値段的には健闘したが、チャイナデータには勝てなかった。

レンタルWi-Fi大手は、やはり高級感ある結果になってしまった。ただオプションやサービスで差別化を図っている。もしグループ・家族で使うなら値段も問題ないだろう。

レンタルの安さではチャイナデータに軍配が上がったが、海外で使うWi-Fiレンタルは安さ以外にも、サービス面や繋がりやすさも考慮にしたいところ。

最安の:チャイナデータ

 GLOBAL MOBILEが運営している、中国専用Wi-Fiルーター。各国専用のWi-Fiルーターを揃えている、各国特化型の海外Wi-Fiレンタル有名企業。

チャイナデータ
プランA(のみ)
データ量 500MB/日
料金 780円/日(2位)
速度 4G/LTE
受け取り方 宅配・空港(下記参照)
返却方法 宅配(下記参照)
キャンセル料  1,620円/台(下記参照)
延滞料金 【有り】(下記参照)
保証・安心パック 【有り】 200円/日
連続使用時間 8時間
接続可能台数 5台

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる。出発日の前々日または前日に受け取り可能。

受け取り可能空港は、成田・羽田・中部セントレア・関空だ。詳しくは中国WiFi「チャイナデータ」公式サイトをご参考に。

・返却方法 ー

宅配返却のみ。送料無料。

・キャンセルについて ー

受け取り予定日3日前より1台につき 1,620円必要。

・延滞料金 ー

帰国日の2日後から延滞料金が発生。

延滞日数×レンタル料金(定額通信料金)=延滞料金

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償。

チャイナデータ の口コミ:

「1日1,000円以下でレンタルできるが素晴らしい!」

「返却がポスト投函で送料無料なのがおいしい」

「定額なのが逆にスマホヘビーユーザーには不便」

500MB使えて1日あたり780円というの安さが売りだ。また送料無料という他社との差別化もメリットだろう。利用料を安く抑えたい方におすすめだ。

ちなみにチャイナデータは長期プランもある。

公式サイト中国WiFi「チャイナデータ」公式サイト 

中国ではVPN付きのWi-Fiルーターが便利

中国の旅行や出張なら、VPN機能付きレンタルWi-Fiをお勧めする。

前述したように、中国でLINEやGoogleマップ、Yahoo!検索が使えない。

それは中国国内のインターネットは、政府によってアクセス制限がされているから。「金盾」(グレートファイヤーウォール)というネット上の壁によって、中国国内でLINEやGoogleマップ、Yahoo!検索は繋がらない。

中国のグレート・ファイアウォール(金盾)とは|なぜVPNが必要?
中国でGmailやLINEを自由に使えない原因は? それは「金盾工程」という中国全土を網羅するインターネット上の情報検閲システムだ。 Great F...

VPN付きのレンタルWi-Fiを使うと、日本にいる時と同じ感覚でインターネットを使うことができる。レンタルWi-Fiルーターなら日本で受け取り、そのまま中国に持っていってWi-Fiを選択しパスワードを入れるだけだ。

もしSIMフリーの端末持っているなら、香港プリペイドSIMが最も安く利用できる。

中国でGmail・LINE・Facebookが使える香港プリペイドSIM
中国で旅行・出張で来る際、TwitterやLINE、Gmail、Facebookなどが使えない。 ではどうすれば?いくつか方法があるが、今回は、香港のプリ...

最後に:

中国国内はネット規制がされているが、正しい方法を使うと日本と同じようにネットを自由に使える。

最も簡単なのはレンタルWi-Fiだろう。最安はチャイナデータだった。