中国レンタルWi-FiのVPNプラン付き有名6社まとめ

中国ではLINE・Gmail・Twitter・Facebookが政府のネット規制によって使えない。

それで中国に旅行・出張で来る場合は対策が必要だが、最も簡単な方法は「中国向けのVPN機能付きのレンタルWi-Fi」を使う方法だ。

中国で使えるWi-Fiルーターを調査した。

スポンサーリンク

中国レンタルWi-Fi:VPNプラン

ここでは中国で使えるレンタルWi-Fiの中から、VPNプランがついている有名6社の情報をまとめている。

有名6社の下記11項目の情報をまとめた。

  • データ量
  • 料金
  • 回線速度
  • 受け取り方
  • 返却方法
  • キャンセル時の値段
  • 延滞料金の有無
  • 補償の有無/料金
  • 端末の連続使用時間
  • 接続可能台数
  • 口コミ

プランが複数あれば、最高値最安値を1つずつ紹介する。

ちなみに格安に関する調査結果はこちらでまとめている。

中国レンタルWi-Fi最安を見積もり調査した結果
中国に旅行や出張で出かける時「現地でのインターネット接続をどうするか」は頭を悩ませる問題だ。 現地のSIMカードを購入するのも良いが、設定や条件を考えると...

レンタルWi-Fi各社の特徴は下記記事にまとめている。

中国で使えるレンタルWi-Fi各6社のメリットまとめ
中国ではLINE・Gmail・Twitter・Facebookが政府のネット規制によって使えない。 それで中国に旅行・出張で来る場合は対策が必要だが、最も...

最安の:チャイナデータ

 GLOBAL MOBILEが運営している、中国専用Wi-Fiルーター。各国専用のWi-Fiルーターを揃えている、各国特化型の海外Wi-Fiレンタル有名企業。

チャイナデータ
プランA(のみ)
データ量 500MB/日
料金 780円/日(2位)
速度 4G/LTE
受け取り方 宅配・空港(下記参照)
返却方法 宅配(下記参照)
キャンセル料  1,620円/台(下記参照)
延滞料金 【有り】(下記参照)
保証・安心パック 【有り】 200円/日
連続使用時間 8時間
接続可能台数 5台

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる。出発日の前々日または前日に受け取り可能。

受け取り可能空港は、成田・羽田・中部セントレア・関空だ。詳しくは中国WiFi「チャイナデータ」公式サイトをご参考に。

・返却方法 ー

宅配返却のみ。送料無料。

・キャンセルについて ー

受け取り予定日3日前より1台につき 1,620円必要。

・延滞料金 ー

帰国日の2日後から延滞料金が発生。

延滞日数×レンタル料金(定額通信料金)=延滞料金

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償。

チャイナデータ の口コミ:

「1日1,000円以下でレンタルできるが素晴らしい!」

「返却がポスト投函で送料無料なのがおいしい」

「定額なのが逆にスマホヘビーユーザーには不便」

500MB使えて1日あたり780円というの安さが売りだ。また送料無料という他社との差別化もメリットだろう。利用料を安く抑えたい方におすすめだ。

ちなみにチャイナデータは長期プランもある。

公式サイト中国WiFi「チャイナデータ」公式サイト

接続の安定なら:イモトのWi-Fi

エクスコム株式会社が運営しているイモトのWi-Fiだ。イッテQで世界を飛び回るイモトによって超有名になったポケットWi-Fiルーターだ。

イモトのWi-Fi
プランA プランB
データ量 1GB/日 500MB/日
料金 1,580円/日 680円/日
速度 4G/LTE 3G
受け取り方 宅配・空港・本社(下記参照)
返却方法 宅配・空港・本社(下記参照)
キャンセル料 2,100円/台(下記参照)
延滞料金 2,000円/日(税抜)(下記参照)
保証・安心パック 【有り】 300円/日プランで全額補償
連続使用時間 4,5時間
接続可能台数  5台

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンター・エクスコム東京本社での受け取りを選べる。出発日の前日に受け取れる。出発前日より前に受け取る場合、450円/日である。さらに宅配と空港カウンターで受け取る場合、受取り手数料として500円/台が必要である。

イモトのWi-Fiの空港カウンターは、新千歳・成田・羽田・中部セントレア・関空・福岡にある。ただし営業時間に注意。

・返却方法 ー

宅配・空港カウンター・エクスコム東京本社での返却を選べる。宅配の場合、返却料金は自己負担。空港カウンターの24時間返却ポストでも返却可能。詳しくはイモトのWi-Fi 公式サイトをご参考に。

・キャンセルについて ー

出発日2日前17時以降に連絡した場合、1台あたり2,100円キャンセル料金が必要。専用オーダーフォームでもキャンセル出来るが、メールや電話でも可能なのでそっちの方が便利。ちなみに専用オーダーフォームはこちら

・延滞料金 ー

返送が帰国2日後となった場合に延滞料が発生する。

例えば、2月1日帰国予定の場合、発送が2月3日となってしまったなら延滞料金が発生する。

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償。700円/日のプランでは、飛行機や預け荷物の遅延も補償している。

但し、このような文言が。

紛失・盗難の際には必ず現地警察署または公的機関の証明書をご提示ください。ご提示なき場合は免責率は50%とさせていただきます。

ということは証明書がない場合、ルーターは40,000円/台なので、50%20,000円/台の請求

付属品(SIMカード、バッテリー、充電器(一体型)、充電用ACアダプター)は合計で30,000なので、50%の15,000円の請求となる。

・補足情報 ー

イモトのWi-Fiが新しく始めた中国プレミアムWi-FiはVPNでの接続ではない。

問い合わせてみると、中国国外のサーバーに飛ばして接続している(中国以外のIPを使用)とのこと。国際ローミングと同じような接続の安定感があるということだ。

VPNは接続に不安定さが出る場合があるが、それを克服してきた。やるな!イモトのWi-Fi!

イモトのWi-Fi の口コミ:

「地図を見たり、調べたりする程度は十分使えました」

「友達と分け合うとそんなに高くなかった」

「建物の中でも繋がり、仕事をする上でも不便はありませんでした」

空港カウンターで当日申し込みも可能だが、台数に制限があるので事前にネット予約をしておきたい。接続の安定さを求める方ならイモトのWi-Fiをおすすめする。

公式サイトイモトのWi-Fi 公式サイト

長期滞在なら:グローバルWi-Fi

「海外Wi-FiならグローバルWi-Fi」と言われるほど有名なWi-Fiレンタル会社だ。海外レンタルWi-Fi界では、イモトのWi-Fiと双璧をなす会社だ。

グローバルWi-Fi
プランA プランB
データ量 1GB/日 250MB/日
料金 1,570円/日 1,070円/日
速度 4G/LTE 3G
受け取り方 宅配・空港(下記参照)
返却方法 宅配・空港(下記参照)
キャンセル料 申し込み金額の100%(下記参照)
延滞料金 有り(下記参照)
保証・安心パック 【有り】 300円/日プランで全額補償
連続使用時間 3〜5時間
接続可能台数  5台

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる。出発日の前日、2日前、3日前から選択し受け取り可能(1000円/2日前・2000円/3日前)。いずれの場合も受取り手数料として500円/台が必要である。

グローバルWi-Fiの空港カウンターは、旭川・新千歳・新潟・仙台・小松・伊丹・成田・羽田・静岡・中部セントレア・関空・博多港(港)・宮崎・鹿児島・福岡・那覇にある。JAL ABC カウンターやロッカー受け取りも可能。ただし営業時間(受取り可能時間)に注意。

・返却方法 ー

宅配・空港カウンターでの返却を選べる。宅配の場合、返却料金は自己負担。帰国日当日に返却しなければいけない。結構厳しい条件だ。

一部の空港では、24時間返却ポストやJAL ABC カウンターでも返却可能。詳しくはグローバルWi-Fi 公式サイトをご参考に。

・キャンセルについて ー

出発4日前までのキャンセルは無料。出発3日前からキャンセル料として申込金額の100%が必要である。電話・LINE・Skype・問い合わせフォームからキャンセル可能だ。LINEが使えるのは結構嬉しい。

・延滞料金 ー

グローバルWi-Fiは延滞料金の計算が複雑だ。2パターンある。

①【渡航期間内に遅れる旨を連絡した場合】
通信料 × 超過日数 +(補償などのオプションの金額×超過日数)=延滞料金

例:「1GBの1,570円/日のプラン」と「安心補償パック【フル】300円/日」を使って3日延滞した場合

1,570 × 3+(300× 3)=5,610円

②【帰国後に連絡、あるいは連絡ができなかった場合】
一律1,970円 × 超過日数+(補償などのオプションの金額×超過日数)=延滞料金

例:「1GBの1,570円/日のプラン」と「安心補償パック【フル】300円/日」を使って3日延滞した場合

1,970 × 3+(300× 3)=6,810円

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償に加えて、故障時の代替機郵送サービスがついている。障害死亡保険付きの500円/日プランもある。

但し、このような文言が。

レンタル品の紛失・盗難の際、本サービスを適用する場合は、現地の警察等公的機関からの証明書のご提示が必要です。

ということは証明書がない場合、ルーターの弁償金額は15,000円/台なので、50%の7,500円SIMカードは10,000円なので、50%の5,000円の請求である。

付属品(USBケーブル、充電要プラグ、トリプルタップ・プラグ、キャリングケース)の弁償金額は1,000円なので、 50%の500円を請求される。

グローバルWi-Fi の口コミ:

「始めて使ったので、空港で使い方の説明が受けられるのが良かったです」

「通信速度に不満はありませんでしたが、VPNが急に途切れるのは不便でした」

「急に海外へ行くことになり、当日借りることが出来たのが唯一グローバルWi-Fでした。対応力では一番」

オプションやデータ料金プランが豊富なのが特徴である。自分に合わせたプランを選びたいならグローバルWi-Fiがいいだろう。さらに、iliの瞬間翻訳機やポケトークがレンタルできるのは魅力的。

公式サイトグローバルWi-Fi 公式サイト

長時間使うなら:エクスモバイル

イモトのWi-FiやグローバルWi-Fiと比べると、あまり名前を聞かない会社だがスマホレンタルなどもしている。またLINEやSkype、WeChat(ウィーチャット)を使ったサポートが他社との違い。

エクスモバイル
プランA プランB
データ量 1GB/制限なし 2GB/制限なし
料金 3,000円* 5,000円*
速度  4G/LTE  4G/LTE
受け取り方 ゆうパケット・宅配・空港(下記参照)
返却方法 ゆうパケット・宅配・空港(下記参照)
キャンセル料 申し込み金額の100%(下記参照)
延滞料金 有り(下記参照)
保証・安心パック 【有り】 1日のレンタル料の15%
連続使用時間 16時間(1位)
接続可能台数  1台

・データ量 補足 ー

もしデータ量を使い切った場合、1GB/3,500円・2GB/5,500円で容量を追加できる。

データ量容量追加に関し問い合わせたところ、基本的に容量追加は指定されたURLからの申し込みだが、電話やウィーチャットで申し込み、事前に登録したクレジットカードから引き落としすることも可能とのことだ。中国からならウィーチャットが便利なので気の利いた良いサービスだ。

ちなみに使用量の確認は出来ないとのこと。「えっ!?本当に?」と言いたくなるが、本当である。

もしデータ量を使い切った場合、現地でフリーWi-Fiを探し容量を追加するまでルーターはただの箱となるワケである。ツッコミどころ満載だが、海外で動画を見まくったり、ビデオ通話をしないよう気をつけていれば問題ないだろう。

・料金 補足 ー

上記のデータプラン料金に加え、レンタル料198円/日が必要

・受け取り方 ー

ゆうパケット・宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる出発日の前日に受け取り可能。宅配の場合有料で受け取りを早めることが可能(1日早く/400円/台・2日早く/700円/台)。

エクスモバイルも空港で受け取り可能。新千歳・成田・羽田・中部セントレア・関空・福岡・にある。詳しくは海外WiFiレンタルのエクスモバイル公式サイト をご参考に。

・返却方法 ー

ゆうパケット・宅配・空港カウンターでの返却を選べる。すべての場合で、返却(返送)料金が必要。

ちなみに空港返却にすると1,000円の返送料金が徴収される。(成田空港のみ返却可能)

ゆうパケット・宅配がお得。

・キャンセルについて ー

受取日の3日前からのキャンセル料が必要。ちなみに受取日の3日前からレンタル期間の変更もできない。

・延滞料金 ー

エクスモバイルの延滞料は2パターンだ。

①【延長料金】返却予定日0時(日本時間)以前に連絡した場合

[レンタル料金+オプションの金額(あんしん補償を含む)×日数=延長料金]

②【延滞料金】返却予定日0時(日本時間)以降に連絡した場合や返却が遅れた場合

[レンタル料金×超過日数分×1.5=延滞料金]

・保証 ー

補償に入っていても、破損・水没の場合はルーター+SIMカードの弁償金として1,080円負担する。紛失、盗難の場合、最低15,000円/台の弁償金請求となる(端末によって異なる)。

・補足情報 ー

エクスモバイルの中国ネット回避プランは、VPNではなく国際ローミングを使って繋ぐので、通信の安定感は問題ないだろう。

エクスモバイル の口コミ:

「中国でも全く問題なく使うことができました。接続も安定していてまた使いたいと思います。」

「日中はずっと使っても問題ないくらいバッテリーの持ち時間が半端ない」

「「安かろう、悪かろう」という言葉が当てはまる会社といった印象」

VPNを使ってないだけあって、中国でのネットの安定感を売りにしている。ただ全体的にツッコミ所に事欠かないが、1日あたりの通信制限が無くバッテリーの持ちが長いのは大変嬉しい所だ。短期で一日中Wi-Fiを使いたい方にオススメだ。

公式サイト海外WiFiレンタルのエクスモバイル公式サイト 

グループで使うなら:Wi-Ho 中国のWi-Fi【ワイホー】

テレコムスクエアが運営している、海外Wi-Fiレンタルのワイホー。24時間日本語対応のサポートの強さがとても魅力的。

Wi-Ho(ワイホー)
プランA プランB
データ量 250MB/日 1GB/日
料金 680円/日 1,880円/日
速度  4G/LTE  4G/LTE
受け取り方 宅配・空港(下記参照)
返却方法 宅配・空港(下記参照)
キャンセル料 2,160円/台
延滞料金 【有り】1日分の料金×延滞日数
保証・安心パック 【有り】 200円/日
連続使用時間 6〜9時間
接続可能台数 10台(1位)

・料金 補足 ー

ワイホーの場合、VPNはオプションで上記の金額に+300円/台となる。

さらに商品手配手数料との名目で、1契約につき540円必要。1台ごとではないのでご安心を。

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる。どちらの場合も出発日の前日のみ受け取り可能。前々日受け取りはできない。

送料500円必要。合計3,000円以上で送料無料。

受け取り可能空港は新千歳・成田・羽田・中部セントレア・関空・福岡だ。詳しくはWi-HO!(ワイホー)公式サイトをご参考に。

・返却方法 ー

宅配・空港カウンターでの返却を選べる。上記の空港に返却Boxあり。

宅配の場合、送料は自己負担。

・キャンセルについて ー

受取予定日の2日前から2,160円/台 が必要。

・延滞料金 ー

1日のレンタル料金(保証も含む)×超過日数分=延滞料金

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償。

但し、こんな注意書きが。

商品の紛失・盗難の際には必ず現地警察署または公的機関の証明書をご提示ください(ご提示なき場合、あんしん保証に加入されていてもWiFiルーターおよびSIMカードに関しては、弁償代金の50%を請求させていただきます)。

ということは証明書がない場合、ルーターとSIMカードの弁償金額は、合わせて40,000円/台なので、50%の20,000円の請求となる。

Wi-Ho(ワイホー) の口コミ:

「定額で複数人の利用が可能なので友達との旅行でよく使っています」

「なによりレンタル料が安い!」

「速度も早くてストレスなく使えました。ただちょっと本体が大きい気が・・」

1日あたりの料金の安さに驚きだ。しかも4G対応。旅行中たくさんデータ通信を使わない方におすすめである。あるいは、同時接続10台可能なので友達や家族と分けあって使うのもありだ。

公式サイトWi-HO!(ワイホー)公式サイト

長期でお得な:jetfi(ジェットファイ)

jetfi(ジェットファイ)は、株式会社MAYA SYSTEMが運営するレンタルWi-Fiサービス。2018年の1月にFREETEL(フリーテル)の携帯端末事業を引き継いだ会社だ。

jetfi(ジェットファイ)
プランA(のみ)
データ量 500MB/日
料金 680円/日(1位)
速度 4G/LTE
受け取り方 宅配・空港(下記参照)
返却方法 宅配(下記参照)
キャンセル料 2,100円
延滞料金 【有り】(下記参照)
保証・安心パック 【有り】 700円/日
連続使用時間 15時間
接続可能台数 5台

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる。出発日の前々日または前日に受け取り可能。

受け取り可能空港は、成田・羽田・関空。宅配の場合、総額+送料600円が必要。

・返却方法 ー

宅配返却のみ。商品発送時に同封されているレターパックを使い返却。料金は総額に返送料650円がプラスされて徴収される。

・キャンセルについて ー

受け取り予定日2日前まで無料でキャンセル可能。受け取り予定日2日を過ぎると、1台につき 2,100円。

・延滞料金 ー

帰国後2日以降に発送できなければ延滞料金「2,000円/台」が発生。

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償。

jetfi(ジェットファイ) の口コミ:

「1日あたりの料金設定が素晴らしい!」

「電池が長持ちして、ずっと電源を入れていても1日使えた」

「定額なのが逆にスマホヘビーユーザーには不便」

500MB使えて1日あたり680円というの安さが売りだ。長期プランなら格安でレンタルすることができる。

公式サイトjetfi(ジェットファイ)公式サイト

最後に:中国レンタルWi-Fiは一長一短

・安さを求めるなら、

中国WiFi「チャイナデータ」

がオススメだ。

・接続の安定感を求めるなら、接続方法がVPN形式ではない

イモトのWiFi

海外WiFiのエクスモバイル

がおすすめだ。

・長期の出張などで中国に来る方は、

グローバルWi-Fi

jetfi(ジェットファイ)

の1ヶ月の長期プランがいいだろう。

・1日のデータ量の制限なしにネットを使いたい方は

Wi-HO!(ワイホー)

の1日定額/1GBのプランがおすすめだ。

中国で使えるVPN付き(一部VPN接続じゃなかった・・)のレンタルWi-Fiを比べてきたが、サービスも値段もピンキリだ。

「ここが一番いい!!」というのは言い難い結果になった。

個人的な理想を言わせてもらうと、イモトのWi-Fiがあと3,000円ほど安ければベストといった感じだ。

ぜひ、ご自身の旅程や使い方にあった会社を選んでみてください。
私なら、安さに釣られてチャイナデータを選びます!笑
スポンサーリンク

シェアする