中国でExpressVPNがおすすめされる3つの大きな理由

VPNに関する海外サイトや国内サイトでオススメのVPNとして有名なExpressVPN(エクスプレスVPN)。

中国でExpressVPNが使われる理由は何か?特におすすめされる3つの大きな理由をを紹介する。

ExpressVPNはセキュリティー面・接続スピードが特化しており、VPN界で最も優れたVPNサービスだ。

中国で必須|VPNとはなにか
「中国でネットを自由に使うにはVPNが必要だと言われるが、VPNとはなんぞや?」 私は中国に来るまでVPNについて全く知らなかった。 だが確...

ExpressVPNとは

ExpressVPN(エクスプレスVPN)は、2009年からサービスを始めた、英領ヴァージン諸島に本拠を置く「Express VPN International Ltd」が運営するVPN接続サービスだ。

中国で使えるVPNサービスの中で最も優れたVPNサービスの1つだ。

ExpressVPN基本情報

ExpressVPNの基本情報はこちら。

接続方法(プロトコル) PPTP・L2TP・OpenVPN・SSTP・UDP, TCP
IPアドレス 共有のIPアドレス
接続できる国(サーバ場所) 94ヶ国2000箇所
対応OS Windows・MacOSX・iOS・Android・Linux
同時に接続できる端末数 3台
料金(1ヶ月) $12.95/1ヶ月契約

$9.99/6ヶ月契約

$8.32/1年契約

無料お試し期間 30日間

支払いは、クレジットカード以外に、PayPal・ウィーチャットペイ・アリペイ・Bitcoinで支払い可能。

なぜExpressVPNは、世界中の人から中国で使えるVPNサービスとして選ばれているのか?

今回は下記のサイトページを徹底的に調査し情報をまとめた。なお筆者自身も、中国にてExpressVPNを使用しており、この記事では使用感も紹介している。

ちなみに、ExpressVPNは中国国内で確実に接続できることを前提に下記のメリットをまとめた。

公式サイトExpressVPN 公式サイト

1:ネット接続スピード

ネット接続スピードに関して優秀だ。

基本的にネットスピードは、ネット契約や場所の影響を受ける。

VPNを使う場合、VPNサーバの数が多いほどスピードが出る。サーバ数が多ければユーザーのVPN接続を分散でき、ネットスピード低下が起こらない。

基本的に海外のVPNサービスは700−1500のサーバを置いているが、ExpressVPNは世界中に2000を超えるサーバを所有している。仮に2000人が同時に使った場合、一人で1サーバーを使い放題というわけだ。

また中国で使う場合、日本・韓国・香港・台湾・ベトナムといった隣国にサーバーを置いているため利用者過多による接続スピード障害が起こらない。

ちなみに米国(ロサンゼルス)のサーバーでも全く問題のない接続スピードが出ている。

2:使いやすさ

さらに優れた点は、ユーザ目線の使いやすさだ。

ExpressVPNは専用アプリ(日本語対応)がありVPN接続が大変簡単だ。アプリを開き、ワンクリックで接続完了。面倒なVPN設定を行わなくて良いのはユーザーとして大変嬉しい点だ。

さらにExpressVPNが素晴らしい点は、VPN接続が切れると自動的に再接続してくれる点だ。スマホは一日中接続可能で、パソコンは開くと接続される。

スピードテスト可能

ExpressVPNはアプリ上でスピードテストが可能だ。

アプリの左上のアイコン(≡)をタップし、メニューアイコンを出すとスピードテストが可能だ。Ping(応答速度)の数値だけでなく、ダウンロードとアップロードの数値を知れる。

「現在」どこのサーバが一番早いのか知ることができ、1つずつ試さなくとも最速のサーバを選択できる。

様々なデバイスにVPNを付けられる


ExpressVPNが優れた点の1つは、様々なデバイスにVPNを換装できる点だ。

Window・Mac・Android・iOS・LinuxといったOSに対応はもちろんの事、

GoogleChrome・Firefox・Safariなどブラウザの拡張機能として付加、

AppleTV・KindleFire・PlayStation・XboxなどのデバイスにもVPNをつけることができる。さらに自宅のルーターにVPNをつけることも可能だ。

公式サイトExpressVPN 公式サイト

3:セキュリティ対策

1つ目はExpressVPNのセキュリティ対策に関してだ。

中国のネット規制と検閲に関する真実
中国では、2019年現在もインターネットの規制と検閲が行われている。 中国のサイバーセキュリティは世界でも極めて優れた能力を有している。 今回は中国...

ノーログポリシー

基本的にインターネットサーバの管理者は、ユーザの情報(閲覧サイト・入力情報)を知ることができる。

わたしたちがExpressVPNを使う場合、ExpressVPNの管理サーバーに接続する。だが、ExpressVPNはわたしたちが見たサイト・入力した情報を取得、保存することがない。

と言うのも、ExpressVPNはアクセスログを残さないプライバシーポリシーを持っている。

さらに注目したい点だが、会社の所在が「英領ヴァージン諸島に置いて」いることだ。

英領ヴァージン諸島には【BVI法人法】(ブリティッシュ・バージン・アイランド(British Virgin Island)法人法)がある。別名、BVI事業会社法とも言う。

この法は企業に対し「個人情報のデータ取得を要求することも、登録を必要とする」こともない

ExpressVPNのプライバシーポリシーで「ユーザのアクセスログを取得、開示しない」とはこのことから。仮に「情報開示の要求」があっても「情報を保持していないので無理」だ。

ちなみに【BVI法人法】は「5-Eyes」などのスパイ情報開示協定の影響も受けない。

高度な暗号化

また情報の暗号化に関しても優れている。

例えばExpressVPNは、OpenVPNの接続時、RSAキーを4096ビットにしている。

このRSAキーの暗号化に関して、Wikipediaでは下記のように解説されている。

インターネットで公募した数多くのPCを用いると512ビット程度の数なら素因数分解できる。 したがって、現在では、RSA暗号に使用する法 n を1024-4096ビット(10進数で300-1000桁程度)にすることが推奨されている。

つまり「4096ビット」の暗号化キーは最強度の暗号化というわけだ。一説には軍事レベルと言われいている。そのため中国のインターネット検閲や規制強化にたいへん強い。

IPアドレスを完全に隠す

ExpressVPNは完全にIPアドレスを隠すことができる。

IPアドレスとは端末ごとに割り当てられる数字の羅列だ。インターネット上の住所の様なもの。

例:【123.456.789.98】

IPアドレスを調べると、その端末が「どこから」「どこに」接続してるか知ることができる。また警察や政府の許可があれば、IPアドレスだけで個人を特定することも可能だ。

ExpressVPNは接続する都度、IPアドレスの変更を行う。さらに共有サーバーを使い、一度に幾人も使用しているので個人を特定するは至難の技だ。

また訪問先のサイトやインターネットプロバイダーからも本当のIPアドレスを隠すことができる。

さらにExpressVPNは「キルスイッチ」を実装しているVPNサービスで、IPアドレスを完全に隠すことができる。

【VPN用語】キルスイッチとはなにか
VPNを探していると時折目にする「キルスイッチ」。 さてキルスイッチとはなんぞや?ということで今回のテーマはこれ。 「VPN接続時のキルスイッチとは...

最後に:

ExpressVPNは世界中にユーザーがおり、中国でもフランス・イタリア・スペイン・韓国といった各国のユーザーから愛されている。

接続スピード・セキュリティー共に最高レベルのVPNサービスで、ぜひ使うことをオススメしたい。1ヶ月8ドルで使ことができ、インターネットセキュリティを完璧に守れるなら高い買い物ではないだろう。

公式サイトExpressVPN 公式サイト

【中国】優秀なExpressVPNの導入・解約返金方法
「中国は政府によるネット規制があり、VPN接続を使わなければ自由にインターネットを使えない。」 今回は海外のVPN「ExpressVPN」を導入し...

もし日本のVPNサービスが良いなら、日系No. 1のセカイVPNが良いだろう。下記記事をご参考にしていただきたい。

中国でVPNを初めて使うならセカイVPNがおすすめな11の理由|デメリットはあるか
中国でGmailやLINE、Yahoo!検索を使うにはVPNが必要である。 だがVPNサービスはたくさんあり、どこが良いのか。そんな中で初めて中国でVPN...

シェアする