中国で必須|VPNとはなにか

「中国でネットを自由に使うにはVPNが必要だと言われるが、VPNとはなんぞや?」

私は中国に来るまでVPNについて全く知らなかった。

だが確かに中国でネットを使うにはVPNなしでは何もできないということを悟るようになった。なのでVPNについて勉強してみた。

スポンサーリンク

VPNとはなんぞや

そもそもVPNとは何か?

VPNは略称で、元はVirtual Private Network(バーチャール・プライベート・ネットワーク)と呼ばれている。頭文字をとって「VPN」である。

VPNとは、公のネットワーク回線の中に、認証設定や暗号化を行い、企業や個人がまるで専用回線としてネットワーク回線を使うことである。

VPNは中国でどういう働きをするか

話が逸れたが、中国でVPNはどういう働きをするのだろうか。そもそも中国ではなぜ自由にネットが使えないのか?

それは、中国政府によってネットの規制、制限がなされているからである。

中国のグレート・ファイアウォール(金盾)とは|なぜVPNが必要?
中国でGmailやLINEを自由に使えない原因は? それは「金盾工程」という中国全土を網羅するインターネット上の情報検閲システムだ。 Great F...

「金盾」Great Firewall(グレート・ファイアウォール)と呼ばれるネットワーク世界の壁により、中国国内サーバーからの特定のWebサイトやサービスのアクセスが制限されている。また検索情報やメッセージアプリも検閲されている。

VPNは「金盾」の壁に仮想のトンネルを作り、国外のサーバーにつなぎ国外サーバーから、目当てのサイトやサービスに繋ぐことができる。

スーパー簡単に説明すると、このような感じである。

つまり中国でVPNを使わなければ、Google系(YouTube・Gmailなど)・Instagram・Twitter・Facebook・Yahoo!検索・LINEなどのメッセージアプリを使うことができない。(2018年2月現在)

中国でVPNを使うことにメリットはあるか
中国に留学、出張、赴任で来る場合、必ず考えなければいけない問題がある。 それは「VPNを使うかどうか」。 中国に来る多くの人が、すでに中国でVPNを...

VPNを使うとそれらのサイトに自由に接続できるようになる。

中国で使えるおすすめのVPN【2019年】
2019年6月現在、中国ではインターネットの規制・検閲がますます強化されている。 だが中国国内でも、VPNを使うとGoogleやYahoo!検索、LINE...

本来VPNはセキュリティ対策

覚えておきたいのが、本来VPNはセキュリティ対策の1つであるということだ。

Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク)という名前にも示されているように、本来はオープンネットワーク内であっても専用回線のようにトンネルを作り接続できるのだ。

例えば、フリーWi-Fiを使う場合、VPNを使うことが勧められる。なぜならフリーWi-Fiのセキュリティはほぼ無いからだ。ネットワーク内で全裸状態という訳だ。

公衆無線LANは、スマートフォンの毎月のデータ通信量を節約した上で高速通信ができるため利便性が高く、携帯電話事業者や喫茶店などは無料で提供している。

ただ、パスワードを入力しなくても利用できる、暗号化されていない公衆無線LANのアクセスポイントでは、クレジットカードなどの重要な情報をやり取りすると、悪意のある第三者から情報を盗み取られる可能性もある。また、パソコンやスマホが不正アクセスされ、身に覚えのないサイバー攻撃に利用される恐れもある。

出典:SankeiBiz

その時にVPNを使うなら、服を着て自分専用の回線を使ってネットを見ることができる。つまり本来VPNは、セキュリティ対策の1つとしてみられているということだ。

VPNは、高速道路

VPNは、高速道路を思い浮かべてもらうと分かりやすい。

高速道路はちゃんとした入り口からお金を払って走行できる

日本の高速では安全対策が施されており、急に人が飛び出すことはなく安全走行が可能だ。

高速道路の管理者は、人がどのインターから入ってどこから出たかという個人情報を知ることが可能

では、なぜあなたは高速道路を安全に走行できるのか?

なぜ個人情報が正しく扱われていると言えるのか?

それは管理会社(国土交通省のもとネクスコが管理)がはっきりしており、個人情報の管理に関しても信頼しているからだろう。

VPNはどうか?

VPNもネット世界の専門道路で、サイト登録やアプリDLなど、ちゃんとした入り口がある。

VPNという専門道路の質や安全対策は、VPNサーバの管理者によって異なる

サーバの管理者はどのサイトを訪問したか等の情報を知ることが可能

ネット世界の専門道路(VPN)の安全性や信頼性に関してはどうか?あなたはその専門道路を安心して使えるだろうか?高速道路の管理者は1つだが、VPNに関しては有料・無料を問わず、VPNの数だけ管理者が存在するそれら全てが信用に値するわけがないことは明らかだ。

【無料VPN】危険性について調査した上での結論
「有料と無料が有るけど、どっちがいい?」と聞かれると多くの人が無料を選択するだろ。 だが日本では昔から「安かろう悪かろう」とか「ただより高い物はない」と言...
セキュリティ対策がされていない無料VPNは、高架道路ではなく、ガードレールではないチープ柵で区切られている道路のようなものだ。何の安全対策もされていない。

VPNには2種類ある

VPNは2種類ある。インターネットVPNIP-VPNである。

インターネットVPNは、インターネット回線を通して離れた場所の拠点を接続するVPNのことである。不特定多数のユーザーが利用することができるため、IP-VPNほどの秘匿性はないが暗号化によって情報を守る。

IP-VPNは、インターネット回線とは別のIP網を使い接続するVPNのことである。閉域VPNとも呼ばれる。主に企業が、自分の企業のみで使うネットワークのことである。接続できるのはその会社のみなので、抜群のセキュリティーを誇る。

中国で使うVPNは、インターネットVPNである。

VPNの接続プロトコルの違い

さらにVPNは接続の際プロトコルに違いがある。主だったものは下記である。

  • PPTP
  • L2TP
  • OpenVPN
  • IKEv2
  • OpenConnect

プロトコルとは、コンピューター同士が通信を行うときの「手順」や「規約」といった約束事の総称である。簡単にいうとコンピューター間での言語のようなもの。情報の暗号化もこのプロトコルの中に含まれている。

選ぶプロトコルによって、セキュリティーレベル、接続速度、安定感に差がある。

VPN接続の時のプロトコルとかIPとかIT用語を分かりやすく解説
VPNを契約する時や接続する時に耳にする、プロトコルとかIPとかサーバとか。 分かってるようで分かっていないIT用語たち。 別に分からなくてもVPN...

VPNを選ぶならプロトコルの種類を確認

中国でVPNを使うなら、VPNプロトコルが多いVPN会社を選んだ方が良いだろう。

中国政府は、”あるプロトコル”をターゲットにして規制をかけることがある。

例えば、あるVPNの会社が「PPTP」のプロトコルを使用して接続できるVPNサービスを提供しているとしよう。だが中国政府が「PPTP」のプロトコルを制限すると、その会社のVPNサービスは使用不可になる。

規制がかかった時にも、多くのプロトコルに対応しているVPNサービス会社なら、すぐに設定を変更し使用可能だ。

私は以前、業界最安をうたっているVPNを使っていたが、規制がかかり彼らのプロトコルでは全く使えなくなった。その会社もすぐに対応したが、使えるようになったのは10日後であった。私はその時にはすでに新しいVPNサービスと契約していた。

その時に、わたしが使ったVPNサービスはセカイVPNだ。

上記に記したプロトコルの種類もセカイVPNのものだ。ジャパンクオリティーで、安定感では業界一と言っても良いだろう。

【中国】VPNを初めて使うならセカイVPNがおすすめな9つの理由
中国でGmailやLINE、Yahoo!検索を使うにはVPNが必要である。 だがVPNサービスはたくさんあり、どこが良いのか。そんな中で初めて中国でVPN...

最後に

簡単にいうとVPNは、専用回線のようにネットを繋ぐことである。セキュリティーレベルも上がり、自由にネットを楽しむこともできる。

中国でインターネットを使うなら、VPNの使用を強くオススメする。

中国のネット環境はどう?速いのか遅いのか調べてみた
中国のネットは日本と比べて早いのか?遅いのか? 規制の影響はどの程度なのか?実際に繋いで調べてみた。 中国のネット 中国のネット環境は、日本と比べると遅...
スポンサーリンク

シェアする

『中国で必須|VPNとはなにか』へのコメント

  1. 名前:中国におけるTwitterアカウントロックと解除について | 旅の杜 投稿日:2018/11/03(土) 00:05:20 ID:da05718ef 返信

    […] :そもそもVPNとは?> 詳しい説明はこちらが参考になります⇒CHINA NET LABOさん「中国で必須|VPNとはなにか」 とにかく、中国では水面下で厳しく情報規制されているため、Google検索はお […]