VPNの選び方|考慮に入れたい8つの要素

中国では主にインターネット規制を回避するためにVPNサービスが使われている。

もし中国でも自由にネットを使いたければ、数あるVPNサービスの中から自分の使い方に合ったVPNを選択する必要がある。

中国でVPNを使うことにメリットはあるか
中国に留学、出張、赴任で来る場合、必ず考えなければいけない問題がある。 それは「VPNを使うかどうか」。 中国に来る多くの人が、すでに中国でVPNを...

有料や無料、様々なVPN接続サービスがあるが、どのようなVPNサービスを選べば良いのだろうか?

今回は数多くあるVPNサービスの中から、自分にぴったり合うVPNサービスを選ぶ上で考慮に入れたい8つの要素を紹介する。

スポンサーリンク

自分のVPNを使う目的は何か

前提条件として、自分はVPNを使って何がしたいのか考える必要がある。その必要に応じて選ぶべきVPNサービスが異なるからだ。

例えば、中国でオンラインゲームをしたい人と、仕事でGmailだけ使えればいい人では必要とされるVPNは異なる。前者はネット速度が出るVPNが、後者は安定して繋がるVPNがいいだろう。

まず自分が中国でどの程度VPN接続を使うのか考えておこう。

ではVPN選びで考えておきたい要素を紹介する。

1.運営会社の信頼性

VPNサーバの管理者は、ユーザのIPアドレスや訪れたページを知ることができる。

それで、VPNサーバーの運営会社が信頼できるかは重要だ。どの会社が運営しているVPNサービスか、会社の評判はどうかについて調べる必要があるだろう。

特にユーザのログを収得しないVPNサービスが良いだろう。

2.セキュリティー対策

次はセキュリティー対策に関してである。海外で使う場合、クレジットカードの番号やネットバンクにアクセスすることもある。会社とのやりとりで、秘匿性の高いメールを送ることもあるだろう。

それで、自分がどの程度の安全性を求めるのか考えよう。例えば、RSAキーを4096ビットにしている海外のVPNサービスはセキュリティー対策が最高レベルだと言える。

また最高レベルのセキュリティを求めるなら、キルスイッチを実装しているVPNがいいだろう。

【無料VPN】危険性について調査した上での結論
「有料と無料が有るけど、どっちがいい?」と聞かれると多くの人が無料を選択するだろ。 だが日本では昔から「安かろう悪かろう」とか「ただより高い物はない」と言...

3.対応プロトコルの種類

プロトコルはVPNの接続方法のことである。

VPN接続の時のプロトコルとかIPとかIT用語を分かりやすく解説
VPNを契約する時や接続する時に耳にする、プロトコルとかIPとかサーバとか。 分かってるようで分かっていないIT用語たち。 別に分からなくてもVPN...

VPNを探していると下記のような表記を目にするが、これがプロトコルである。

[ PPTP・L2TP・OpenVPN・IKEv2 ]

プロトコルを説明すると大変細かくなるので割愛するが、プロトコルによって接続スピードやセキュリティー強度が異なる

例えば、PPTPやL2TPはスピードがでるが安全強度がなく中国の規制にも弱いと言われている。

4.コストパフォーマンス

やはり気にしたいのがコストである。

VPNの中には無料のものや、1ヶ月300円という破格のものもある。いずれも使ったことがあるが、他の要素を含めて考えてみると中国国内で使えるVPNとは言い難い。

VPNサービスを使うということは、自分の情報をサーバ管理者に渡すことになる。「価格が安ければなんでも良い」という考えはやめたほうがいい。プライバシーを気にしないなら別だが。

【無料VPN】危険性について調査した上での結論
「有料と無料が有るけど、どっちがいい?」と聞かれると多くの人が無料を選択するだろ。 だが日本では昔から「安かろう悪かろう」とか「ただより高い物はない」と言...

5.サポート

次にサポートである。例えば日本のVPNサービスは営業時間内でなければサポートできない。しかもメール対応なのでタイムラグがある。

海外VPNサービスなら24時間365日サポートに対応している。中にはライブチャットで対応してくれす。だが基本的に英語対応である。

6.対応デバイス

どのデバイスに対応しているかもチェックしておきたい。

自分のパソコンやスマホに対応しているか、ゲーム機やスマートTVにVPNを換装したいのならそのVPNサービスが対応しているか調べておきたい。

7.使いやすさ

次は使いやすさ、ユーザビリティーに関してだ。VPNを契約し、安定して速度も出るが、使いにくいVPNでは日常使いに難がある。

海外のVPNサービスはアプリを実装している会社が多い。大抵、アプリをダウンロード後、IDとpassを入力するだけでVPN接続が可能だ。その後は、ほぼワンタッチでVPN接続ができる。

8.接続スピードと安定感

最後に接続スピードと安定感だ。

ただこの要素は、自分が使う環境や場所といった要素に左右される。そのため無料期間などを使い試してみることをおすすめする。

参考にできるのは、そのVPNサービスがどの国に幾つのサーバーを有しているかということである。

例えば、5つのサーバーを有しているVPNサービスを500人が利用していると、単純に同時利用すると1サーバー100人が使うことになる。

また中国で使うなら、香港や日本といった隣国にサーバを置いているかも確認しておきたい。

どのVPNサービスが良いか

これらの要素を考慮に入れて、最も良いVPNサービスはExpressVPNだろう。海外のVPNは日経に比べると優秀さが段違いだ。その中でもExpressVPNはおすすめだ。

中国でExpressVPNがおすすめされる3つの大きな理由
VPNに関する海外サイトや国内サイトでオススメのVPNとして有名なExpressVPN(エクスプレスVPN)。 中国でExpressVPNが使われる理由は...

信頼性、セキュリティーに関しては申し分ないし、これら8つの要素全てでトップレベルのサービスを提供してくれるVPNサービスだ。

もし日本のVPNサービスが良いなら、セカイVPNが最も良いだろう。他のVPNサービスも使ったことがあるが、バランスよくこれら8つの要素をクリアしているのは他にない。

【中国】VPNを初めて使うならセカイVPNがおすすめな9つの理由
中国でGmailやLINE、Yahoo!検索を使うにはVPNが必要である。 だがVPNサービスはたくさんあり、どこが良いのか。そんな中で初めて中国でVPN...

最後に:

VPNを選ぶ際にはこれら8つの要素を考慮に入れたい。価格だけで選ぶのは危険が伴うだろう。

当サイトでは、国内外のVPNサービスを使った上で上記2つのVPNサービスをオススメする。

他のVPNサービスの中で、比較的良いサービスを下記の記事にまとめている。ご参考にしていただきたい。

中国で使えるおすすめのVPN【2019年】
2019年6月現在、中国ではインターネットの規制・検閲がますます強化されている。 だが中国国内でも、VPNを使うとGoogleやYahoo!検索、LINE...

スポンサーリンク

シェアする