中国でLINE(ライン)を使う6つの方法

日本国内では重要なメッセンジャーアプリのLINE。だがLINEも中国政府のネット規制で使えなくなって約6年が経っている。

だが中国国内でもLINEを日本同様に使う方法がある。

今回は6つの方法をまとめてみる。これらの方法は、中国旅行や出張の時にLINEだけでなくTwitter、Google系を使うことができる。

スポンサーリンク

中国ではLINEは使えない

まずはっきりしておきたいが、中国ではVPNという通信方式を使うか、海外のインターネットサーバーに繋がなければ日本と同じ様にLINEは使えないという事実だ。

ネットで調べてみると「中国でもLINEは使える」という記事もあるが、普通に使うことはできない。

その記事の中では、どこで、どのネットを使って使えたのかという情報は掲載されていなかったが「LINEの通知が届き、返信もできた」とのことであった。

確かにわたしの携帯(iPhone6/SIMカード;中国联通)も、VPN無しでLINEの通知が来ることがあるが、2019年7月現在、VPNか以下の方法を使わなければ返信はおろかメッセージを見ることもできない。

今回は中国でLINEが使える状況を全て説明したい。

VPN付きのWi-Fiルーターで

1つ目の方法は、VPN付きのWi-Fiルーターを使ってLINEを使う方法だ。

中国レンタルWi-Fi最安を見積もり調査した結果
中国に旅行や出張で出かける時「現地でのインターネット接続をどうするか」は頭を悩ませる問題だ。 現地のSIMカードを購入するのも良いが、設定や条件を考えると...

海外で使えるWi-Fiルーターはいくつかあるが、その中でも中国向けのWi-Fiルーターは、中国の規制を回避する方法(VPNなど)が設けられており、Wi-Fiに接続するだけで、LINEもGoogleもtwitterも繋げられる。

中国向けのWi-Fiルーターだけ持っていけば、中国でネットに不便さを感じることはなく、現段階で最も簡単な方法である。

サービスや対応の良さを求めるならレンタルWiFi大手のイモトのWiFiグローバルWiFiだろう。下記まとめ記事参照

中国で「イモトのWi-Fi」を使うメリット
中国で使えるWi-Fiルーター「イモトのWi-Fi」。 言わずと知れたレンタルWi-Fiの大手だ。中国国内でもネット規制を受けずに自由にネットを使うことが...

中国で使えるWi-Fiの中でも最安値はグローバルモバイル社の中国WiFi「チャイナデータ」などがある。

中国で「チャイナデータ」のレンタルWi-Fiを使うメリット
中国で使えるレンタルWi-Fi「チャイナデータ」。 もし中国に出張や旅行で「チャイナデータ」のWi-Fiを使う場合、メリットは何か? 他のレンタルW...

利便性を考えるとVPN付きのWi-Fiルーターをおすすめする。

詳しくは下記まとめ記事をご参考に。

中国でラインが使えるレンタルWiFiの特徴のまとめ

日本のSIMカードの国際ローミングで

2つ目の方法は、日本のSIMカードを挿したまま国際ローミングを使いLINEを使う方法だ。

中国IT事務局さんによると「日本のSIMカードを挿した状態で国際ローミングを使うとLINEを問題なく使える」ようだ。

国際ローミングを使いLINEを使う方法はとても簡単で、新たに契約が必要なわけでもない。

ただ注意したいのが国際ローミングによる「パケ死」だ。国際ローミングは、日本で使うよりもネット接続費用が爆発的に増える。大手3社の中には海外定額サービスもあるので考えてもいい。

香港のSIMカードで

3つ目の方法は、香港のプリペイドSIMカードを使ってLINEを使う方法だ。

中国でGmail・LINE・Facebookが使える香港プリペイドSIM
中国で旅行・出張で来る際、TwitterやLINE、Gmail、Facebookなどが使えない。 ではどうすれば?いくつか方法があるが、今回は、香港のプリ...

これは抜け穴的なLINEの使い方である。香港のプリペイドSIMカードを使う場合、ネットワークが香港経由になり中国国内での使用でもLINEやGoogleを使うことが可能である。(中国政府の規制は中国国内のネット接続を対象にしているため)

ただし、香港のSIMカードを使う場合、スマホはSIMフリー端末でなければならない。

またSIMフリーでも、周波数が中国と香港に適応しておくべきである。香港版のiPhoneや中国のSIMフリースマホならまず問題ないだろう。

中国でLINE・Facebookが使える香港プリペイドSIMとは?
使い方は下記記事が参考になった。

香港と中国で使えるSIMカード|設定方法は超簡単なのに手こずったーーたびハック 

もしSIMフリーのスマホを持っているならコスパ的に特におすすめしたい方法だ。

有料のVPNサービスで

4つ目の方法は、有料のVPNを使ってLINEにつなげる方法だ。

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワークと言ってネットワーク内にトンネルを作って独自のネットワークを設けるということだが、別に覚えなくても良い。

つまるところ、ラインを使う方法の1つだ。詳しく知りたい方は下記記事をご覧いただきたい。

中国で必須|VPNとはなにか
「中国でネットを自由に使うにはVPNが必要だと言われるが、VPNとはなんぞや?」 私は中国に来るまでVPNについて全く知らなかった。 だが確...

有料VPNサービスの中には、1ヶ月ごとに契約できるVPNサービスもあるし、無料期間が長く設定されているVPNサービスもある。特に、セカイVPN2ヶ月間無料体験期間があるので無料期間だけ使うのもありだ。

セカイVPN 公式サイト➡︎

【中国】VPNを初めて使うならセカイVPNがおすすめな9つの理由
中国でGmailやLINE、Yahoo!検索を使うにはVPNが必要である。 だがVPNサービスはたくさんあり、どこが良いのか。そんな中で初めて中国でVPN...

だが個人的に短期の旅行や出張におすすめなのは、良之助VPNである。良之助VPNは最短3日間から1週間単位で契約でき、3日/170円と格安である。

セキュリティに不安があるフリーのVPNを使うくらいなら、ジュース一本分ほどの値段で安全を買う方がいいだろう。

良之助VPN 公式サイト➡︎

中国で使えるおすすめのVPN【2019年】
2019年6月現在、中国ではインターネットの規制・検閲がますます強化されている。 だが中国国内でも、VPNを使うとGoogleやYahoo!検索、LINE...

無料VPNサービスで

5つ目の方法は、無料VPNを使ってLINEにつなげる方法だ。

あまりオススメはしないが、無料のVPNサービスも存在する。オススメしない理由はセキュリティの脆弱性などである。下記記事を見て欲しい。

【無料VPN】危険性について調査した上での結論
「有料と無料が有るけど、どっちがいい?」と聞かれると多くの人が無料を選択するだろ。 だが日本では昔から「安かろう悪かろう」とか「ただより高い物はない」と言...

そんな中でも、「無料なら何でもいい」という方もいるだろう。今回は中国国内で使用テスト済みの2つの無料VPNを紹介しよう。

1つはネコVPNだ。

VPNネコ - 永久の無料, トラフィック無制限, 簡単にアクセス

VPNネコ – 永久の無料, トラフィック無制限, 簡単にアクセス
開発元:Wenze He
無料
posted with アプリーチ

旅行や短期の出張など一時的に使う程度なら全く問題はない。使い方は簡単だ。

  1. Appをダウンロードする
  2. アプリを開き接続をタップ
  3. VPN接続設定を構築する(勝手にしてくれる)
  4. 接続完了

といった感じだ。

「VPN接続」をタップ

「OK」をタップ

その後VPN接続の構築を行う。一度設定に飛ばされてパスコードの入力を求められる。

「Allow」をタップ

接続完了

もう1つはVPNmasterだ。

VPN Master - 高速セキュアなVPNプロキシ

VPN Master – 高速セキュアなVPNプロキシ
無料
posted with アプリーチ

一時期中国で規制された(使えなくなった)が2018年2月現在は問題なく使用可能だ。使い方はほとんど同じだ。

アプリでは無いが、その他にもパンダVPNやVPN Gate などが有る。

中国国内のホテルで

6つ目の方法は、中国国内のホテル内Wi-FiでのみLINEを使う方法だ。

中国国内のホテル内Wi-FiでLINE、という矛盾しているようなことだが、実は中国国内でもLINEやGoogle系が使えるホテルが存在する。

主に外資系のホテルだが、ホテル選びの時にレビューなどを見ていると使えるホテルも存在するのだ。

なぜかというと、ホテルのwi-fiルーターにVPNが設けられていたり、一部のサービスは接続できるようにホワイトリスト(警戒する必要のない対象の一覧表)を作っている場合だ。

例:ライン・Twitterは使えるが、アダルトサイトは繋げない。etc…

それで、旅行や出張の時のホテル選びの際に、レビューに注目することができる。

中国でLINEの代わりに使えるアプリ

最後に中国でLINEの代わりに使えるメッセンジャーアプリを紹介したい。

それはウィーチャット(微信)だ。

WeChat

WeChat
開発元:WeChat
無料
posted with アプリーチ

中国版のLINEと言われている。中国人なら必ずいれているアプリだ。

日本国内でもダウンロード、登録することができる。私は中国在住だが、使わない日はないほど重用しているメッセンジャーアプリだ。

またウィーチャットはウィーチャットペイ(WeChat Pay)というスマホ決済が使え財布がわりにもなる。中国に来るならいれておいて損はないアプリだ。

ウィーチャットペイ(WeChat Pay)の使用は下記の記事がわかりやすい。
参考記事:WeChatPay(微信支付)の登録方法。日本のクレジットカードでもチャージできる?

最後に

中国でLINEを普通に使おうとすると、使うことはできない。

それなりの対応が必要だ。だがそれほど難しい方法ばかりでもない。最も簡単な方法は中国向けのレンタルWi-Fiを使う方法だろう。

自分にあった方法を見つけて、中国でもLINEを存分に使っていただきたい。

スポンサーリンク

シェアする