中国でVPNを使うことにメリットはあるか

中国に留学、出張、赴任で来る場合、必ず考えなければいけない問題がある。

それは「VPNを使うかどうか」

中国に来る多くの人が、すでに中国でVPNを使っている。だが本当に中国でVPN契約は必須だろうか。

今回は、VPNが必需品になるタイプと、中国でVPNがなくても生活できる条件を考察した。

スポンサーリンク

VPNとは

はじめにVPNとは何か簡単に説明する。

VPNは略称で、元はVirtual Private Network(バーチャール・プライベート・ネットワーク)と呼ばれている。頭文字をとって「VPN」である。

インターネット上に、あたかも自分専用のネット回線を作る接続方式のことである。

中国で必須|VPNとはなにか
「中国でネットを自由に使うにはVPNが必要だと言われるが、VPNとはなんぞや?」 私は中国に来るまでVPNについて全く知らなかった。 だが確...

ではなぜ中国でVPN接続を使う人が多いのか?

中国のネット規制

中国では政府によるネット規制が行われているからだ。

中国政府が行なっている「金盾プロジェクト」のひとつで、別名「グレートファイヤーウォール(GFW)」と呼ばれている。インターネット上に壁を作りインターネットを自由に閲覧できないようにしている。

中国のグレート・ファイアウォール(金盾)とは|なぜVPNが必要?
中国でGmailやLINEを自由に使えない原因は? それは「金盾工程」という中国全土を網羅するインターネット上の情報検閲システムだ。 Great F...

GFWの影響で、具体的に中国では下記のサイト・サービスへの接続が制限されている。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • Googleマップ等、全てのGoogle系
  • Gmail
  • Dropbox
  • youtube
  • ヤフー検索

ほかにも細かく紹介するときりがないが、覚えておきたいのは日本と同じようにインターネットを使うことができないという現実だ。その為、中国に来る多くの外国人はVPN接続を使っている。

ネット規制を敷いている国は他にもあるが、ここまで厳しいのは世界的に見ても極めて稀だ。

VPN接続を使ってできること

ではVPNを使って何ができるのか?

簡単にいうと、中国でも日本と同じようにインターネットを使うことができる。正直これ以上の説明はできない。中国で政府のネット規制を受けないのだ。

具体的に説明する。

例えば、

  • 日本国内からGoogleに接続する場合

自分のパソコン→インターネット→Googleのサーバ(パソコン)

という順番で繋がり、情報を取って(上り通信)、同じ順番で帰って来て(下り通信)自分のパソコンでGoogleのサイトを閲覧できる。

  • 中国国内からGoogleに接続する場合

自分のパソコン→GWF→インターネット→Googleのサーバ(パソコン)

という順番で繋がり、情報を取って帰って来ようとするが、途中で「中国のネット規制という壁」に阻まれてパソコンでみることができない。

VPNは、「中国のネット規制という壁」に仮想的にトンネルを作り、データのやりとりを行なえるようにする。

セキュリティー対策

さらにセキュリティー対策としても活用できる。

そもそもVPNサービスはインターネットセキュリティー対策として登場した。他のインターネットユーザーに情報を奪われないために、あたかも専門回線のようにしてインターネットを使う。

特に国内でも海外でも、無料のWi-Fiを使う場合VPNは必須と言えるだろう。

フリーWi-Fiにつなぐ時「セキュリティーに関する警告」が出てくるWi-Fiがあるが、その場合い自分の端末内の情報を奪われないためにVPNを使い情報を隠すことができる。

中国のネット規制と検閲に関する真実
中国では、2018年現在もインターネットの規制と検閲が行われている。 中国のサイバーセキュリティは世界でも極めて優れた能力を有している。 今回は中国...

どんな人が中国でVPNを使うのか

ではどんな人が中国でVPN接続を使うのか?

それは中国でも日本と同じようにインターネットを使いたい人だ。

例えば、中国国内でもGmailを使いたい場合VPNは必須だ。

ほかにも、Yahoo!検索を使いたい人や、LINEを使いたい人。気晴らしにYouTubeを見たい人などは必須だと言えるだろう。中国でブログをしたい人や、パソコンを使って仕事をしている人も必須だと言える。

ちなみに、中国国内にオフィスがあり、海外の支社や本社、顧客と連絡をとる必要のある会社はどこもVPNを使っている。

正直、中国での生活は情報が命だ。言語に関しても、物を買うにしても、移動に関しても、インターネットがなければ(使えなければ)生きていけない。

つまり外国人が中国国内で生活する場合、VPNがなければ大変不便である。

中国で自由にネットを使いたいならVPNを使う必要がある。1ヶ月1,000円ほどの出費になるが1,000円以上のメリットがある

どこのVPNが良いか?個人的にはセカイVPNExpressVPNをおすすめしたい。

【中国】VPNを初めて使うならセカイVPNがおすすめな9つの理由
中国でGmailやLINE、Yahoo!検索を使うにはVPNが必要である。 だがVPNサービスはたくさんあり、どこが良いのか。そんな中で初めて中国でVPN...
【中国】優秀なExpressVPNの導入・解約返金方法
「中国は政府によるネット規制があり、VPN接続を使わなければ自由にインターネットを使えない。」 今回は海外のVPN「ExpressVPN」を導入し...

ただ、同じVPNだからといって無料のVPNサービスを使うのだけはおすすめしない。

【無料VPN】危険性について調査した上での結論
「有料と無料が有るけど、どっちがいい?」と聞かれると多くの人が無料を選択するだろ。 だが日本では昔から「安かろう悪かろう」とか「ただより高い物はない」と言...

どんな人にVPNは不要か

ではどんな人は中国でVPNを使わなくても良いか?

まずインターネットを多用しない人は不要である。例えば、インターネットを飛行機のチケット購入でしか使わないとか、日本との連絡もほとんどしないという人など。

ほかには、中国で使える代替サービスを受け入れられる人である。

例えば、GoogleとYahoo!の検索は使えないが、bing検索は使用可能。LINEは使えないが、wechatは使用可能。YouTubeは使えないが、youkuは使える。Gmailは使えないが、Yahoo!メールは使用可能だ。

つまり日本と同じようにインターネットを使わなくても問題ない人なら、VPNが無くてもやっていけるだろう。

VPNが有るこんなこともできる事

ちなみにVPN接続を行なうと、下記のような日本のサービスに中国にいながらアクセスすることができる。

  • Netflix
  • DAZN
  • Hulu
  • AbemaTV
  • WOWOWオンデマンド
  • JCOMオンデマンド
  • ShowTime
  • 楽天TV
  • スカパーオンデマンド
  • radiko

インターリンクのマイIPを使うと、これらのサービスを使える。

日本の有名VPNサービスセカイVPNを運営している会社が提供しているサービスだ。ちなみにセカイVPNでは上記のサービスに接続することができないのでご注意を。

下記に詳細情報を載せておく。

マイIP

セカイVPNと同じ、インターリンクが運営しているVPNサービス。

違いは、固定のIPアドレスを契約することができる。固定IPとは、いつも決まったサーバを通してネットワーク接続が可能なサービスだ。中国にいても日本のIPアドレスに接続できる。安定してネット接続が可能だ。

日本の動画サービスにアクセスできるのが売り。

接続方法(プロトコル) PPTP・L2TP・PSK/SSTP・OpenVPN
IPアドレス 固有IPアドレス
接続できる国(サーバ場所) 日本・アメリカ・ドイツ・台湾・韓国
対応OS Windows ・ Mac・iOS・ Android・Linux・FreeBSD
同時に接続できる端末数 1台
料金 1,080円/月
無料お試し期間 2ヶ月

インターリンク 公式サイト

最後に:中国でVPNは必須

個人的には、中国でVPNは必須だと感じる。正直、中国に来てVPNの無かった時は、何をするにも不便だった。「知りたいことを検索できない」ことには結構なストレスを感じた。

「じゃあVPN無しでは中国で生活できないか」と聞かれると「人による」と答えるだろう。多くの不便を受け入れられる人はVPNがなくても生活できるだろう。

中国で自由にネットを使いたいならVPNを使う必要がある。1ヶ月1,000円ほどの出費になるが、1,000円以上のメリットがあるだろう。

中国で使えるおすすめのVPN【2019年】
2019年2月現在、中国ではインターネットの規制・検閲がますます強化されている。 でもVPNを使うとGoogleやYahoo!検索、LINE、YouTub...

スポンサーリンク

シェアする