中国でグローバルWi-Fiがおすすめされる理由

中国で使えるWi-Fiルーター「グローバルWi-Fi」。

言わずと知れたレンタルWi-Fiの大手。イモトのWi-Fiと双壁をなす有名レンタルWi-Fiだ。

中国国内でもネット規制を受けずに自由にネットを使うことができる。

ではグローバルWi-Fiを使うメリットは何か?優れた点について紹介する。

中国で有名なレンタルWi-Fiサービス4社と比べて、どこが良いのか比べた。

スポンサーリンク

中国で「使える」レンタルWi-Fi:「グローバルWi-Fi」

中国では、政府のネット規制によって日本国内と同じようにインターネットが使えない

中国では、ネット規制によって下記のサイト・サービスを利用することができない。どれも出張や旅行で使いたいアプリやサービスだ。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • Googleマップ等のGoogle系
  • Dropbox
  • youtube
  • ヤフー検索

中国国内でこれらのサイトにアクセスするには、VPNというネット接続が必要だ。簡単に言うとネット上にトンネルを作る感じだ。

詳しく知りたい方は下記記事をご参考にしていただきたい。

中国で必須|VPNとはなにか
「中国でネットを自由に使うにはVPNが必要だと言われるが、VPNとはなんぞや?」 私は中国に来るまでVPNについて全く知らなかった。 だが確...
中国のグレート・ファイアウォール(金盾)とは|なぜVPNが必要?
中国でGmailやLINEを自由に使えない原因は? それは「金盾工程」という中国全土を網羅するインターネット上の情報検閲システムだ。 Great F...

それでVPN付きのレンタルWi-Fiを使うと規制を回避しラインやGoogleマップが使える。

そんなVPN付きレンタルWi-Fiの中でも有名なのがこの5社だ。

グローバルWiFi

jetfi(ジェットファイ)

jetfi(ジェットファイ)の中国VPN付きWi-Fiを使うメリットは安さ
中国でTwitter・LINE・Googleを使うにはVPN接続が必要だ。レンタルWi-Fi各社もVPN付きの契約を準備している。 海外レンタル Wi-F...

イモトのWiFi

中国で「イモトのWi-Fi」を使うメリット
中国で使えるWi-Fiルーター「イモトのWi-Fi」。 言わずと知れたレンタルWi-Fiの大手だ。中国国内でもネット規制を受けずに自由にネットを使うことが...

中国WiFi「チャイナデータ」

中国で「チャイナデータ」のレンタルWi-Fiを使うメリット
中国で使えるレンタルWi-Fi「チャイナデータ」。 もし中国に出張や旅行で「チャイナデータ」のWi-Fiを使う場合、メリットは何か? 他のレンタルW...

海外WiFiレンタルのエクスモバイル

Wi-HO!(ワイホー)

これらの会社の比較記事は下記をご覧いただきたい。

中国レンタルWi-Fi最安を見積もり調査した結果
中国に旅行や出張で出かける時「現地でのインターネット接続をどうするか」は頭を悩ませる問題だ。 現地のSIMカードを購入するのも良いが、設定や条件を考えると...

「グローバルWi-Fi」を使うメリットとをご紹介したい。

出張で使うなら:グローバルWi-Fi

「海外Wi-FiならグローバルWi-Fi」と言われるほど有名なWi-Fiレンタル会社だ。海外レンタルWi-Fi界では、イモトのWi-Fiと双璧をなす会社。

メリット1:オプションの充実

1つめのメリットはオプションの充実だ。

約0.2秒で翻訳される「ili(イリー)」の翻訳機や、同時に双方に翻訳を行える「POCKETALK(ポケトーク)」がレンタルできる。

また1日200円と言う格安で、海外旅行での必需品のモバイルバッテリーもレンタル可能だ。

特筆すべきはiPadをレンタルできる点だ。他のレンタルWi-Fiの会社にはないサービスだ。

メリット2:サポートの充実

2つめはサポートの充実だ。

グローバルWi-Fiは大手なだけあり、24時間365日ヘルプサポートがある。大手の強みだ。

+81-50-5840-9686(海外から) 24時間対応

LINEやSkypeで連絡できるは現代にあったサービスだ。(24時間対応)

メリット3:自分にあったプラン

3つ目は、多彩な料金・データプランがあることだ。

例えば、

  • データ量をたくさん使うなら「4G LTEで1日/1GB 1,770円」のプラン
  • 安いのがよければ、「3Gで1日/500MB 1,070円」のプラン

などの、自分の使い方や必要に合わせたプランを選ぶことができる。

アジア周回プランを使い同時に複数国を外遊したり、長期プランで出張や留学でも使える。長期プランなら定額で使えるのでさらにおすすめだ。

メリット4:空港受け取り返却が可能

4つめのメリットは、空港での受け取りと返却ができることである。

空港受け取りの場合、営業時間を気にする必要もあるが、空港に行けば受け取れるし、使い方の説明を受けることもできるので安心だ。

返却時は一部空港に備え付けられている返却ポストに24時間返却可能だ。大手ならではのサービスだ。

ちなみに弊サイトから注文すると特別割引でレンタル料が5%オフになる。

公式サイトグローバルWi-Fi 公式サイト

多くの人に使われているので中国以外では「繋がらない」との評価もあるが、問い合わせると中国の規制に強いVPN接続を使っているようで接続も安定している。

1端末で5台まで接続できるが、グローバルWi-FiのVPN接続は1端末のみの接続が勧められているので、特に出張で中国に来るビジネスマンにおすすめだ。

グループで使いたいなら、複数人でも接続が安定しているイモトのWiFiがいい。

中国で「イモトのWi-Fi」を使うメリット
中国で使えるWi-Fiルーター「イモトのWi-Fi」。 言わずと知れたレンタルWi-Fiの大手だ。中国国内でもネット規制を受けずに自由にネットを使うことが...

安いのが良い場合、安さを売りにしている中国WiFi「チャイナデータ」がいいだろう。

中国で「チャイナデータ」のレンタルWi-Fiを使うメリット
中国で使えるレンタルWi-Fi「チャイナデータ」。 もし中国に出張や旅行で「チャイナデータ」のWi-Fiを使う場合、メリットは何か? 他のレンタルW...

「グローバルWi-Fi 」の総評

結論:

【グローバルWi-Fiは、大手なりのサービスとクオリティーを提供してくれるレンタルWi-Fiだ。オプションの豊富さが出張で使う人には特におすすめだ。】

グローバルWi-Fiの基本情報

グローバルWi-Fi
プランA プランB
データ量 1GB/日 250MB/日
料金 1,570円/日 1,070円/日
速度 4G/LTE 3G
受け取り方 宅配・空港(下記参照)
返却方法 宅配・空港(下記参照)
キャンセル料 申し込み金額の100%(下記参照)
延滞料金 有り(下記参照)
保証・安心パック 【有り】 300円/日プランで全額補償
連続使用時間 3〜5時間
接続可能台数  5台

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる。出発日の前日、2日前、3日前から選択し受け取り可能(1000円/2日前・2000円/3日前)。いずれの場合も受取り手数料として500円/台が必要である。

グローバルWi-Fiの空港カウンターは、旭川・新千歳・新潟・仙台・小松・伊丹・成田・羽田・静岡・中部セントレア・関空・博多港(港)・宮崎・鹿児島・福岡・那覇にある。JAL ABC カウンターやロッカー受け取りも可能。ただし営業時間(受取り可能時間)に注意。

・返却方法 ー

宅配・空港カウンターでの返却を選べる。宅配の場合、返却料金は自己負担。帰国日当日に返却しなければいけない。結構厳しい条件だ。

一部の空港では、24時間返却ポストやJAL ABC カウンターでも返却可能。詳しくはグローバルWi-Fi 公式サイトをご参考に。

・キャンセルについて ー

出発4日前までのキャンセルは無料。出発3日前からキャンセル料として申込金額の100%が必要である。電話・LINE・Skype・問い合わせフォームからキャンセル可能だ。LINEが使えるのは結構嬉しい。

・延滞料金 ー

グローバルWi-Fiは延滞料金の計算が複雑だ。2パターンある。

①【渡航期間内に遅れる旨を連絡した場合】
通信料 × 超過日数 +(補償などのオプションの金額×超過日数)=延滞料金

例:「1GBの1,570円/日のプラン」と「安心補償パック【フル】300円/日」を使って3日延滞した場合

1,570 × 3+(300× 3)=5,610円

②【帰国後に連絡、あるいは連絡ができなかった場合】
一律1,970円 × 超過日数+(補償などのオプションの金額×超過日数)=延滞料金

例:「1GBの1,570円/日のプラン」と「安心補償パック【フル】300円/日」を使って3日延滞した場合

1,970 × 3+(300× 3)=6,810円

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償に加えて、故障時の代替機郵送サービスがついている。障害死亡保険付きの500円/日プランもある。

但し、このような文言が。

レンタル品の紛失・盗難の際、本サービスを適用する場合は、現地の警察等公的機関からの証明書のご提示が必要です。

ということは証明書がない場合、ルーターの弁償金額は15,000円/台なので、50%の7,500円SIMカードは10,000円なので、50%の5,000円の請求である。

付属品(USBケーブル、充電要プラグ、トリプルタップ・プラグ、キャリングケース)の弁償金額は1,000円なので、 50%の500円を請求される。

グローバルWi-Fi の口コミ:

「始めて使ったので、空港で使い方の説明が受けられるのが良かったです」

「通信速度に不満はありませんでしたが、VPNが急に途切れるのは不便でした」

「急に海外へ行くことになり、当日借りることが出来たのが唯一グローバルWi-Fでした。対応力では一番」

オプションやデータ料金プランが豊富なのが特徴である。自分に合わせたプランを選びたいならグローバルWi-Fiがいいだろう。さらに、iliの瞬間翻訳機やポケトークがレンタルできるのは魅力的。

公式サイトグローバルWi-Fi 公式サイト

最後に:出張ならグローバルWi-Fi

もし中国に出張に来るならグローバルWi-Fiが良い。

オプションが揃っているし、プランの多さも際立っている。iPadをレンタルできるのは特筆すべき点だ。

特に長期定額プランは、接続の安定やサポート面を含めるとグローバルWi-Fiが最も優れているだろう。

スポンサーリンク

シェアする