中国でWi-Ho(ワイホー)のレンタルWi-Fiのメリット

中国でTwitter・LINE・Googleを使うにはVPN接続が必要だ。レンタルWi-Fi各社もVPN付きの契約を準備している。

中でも海外レンタルWi-Fiを扱う「Wi-Ho(ワイホー)」もVPN接続機能付き端末のレンタルを開始した。

今回は中国で「Wi-Ho(ワイホー)」の Wi-Fiを使う大きなメリットを紹介する。

中国で「使える」レンタルWi-Fi:「Wi-Ho(ワイホー)」

中国では、政府のネット規制によって日本国内と同じようにインターネットが使えない

というのも中国では、ネット規制によって下記のサイト・サービスを利用することができない。どれも出張や旅行で使いたいアプリやサービスだ。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • Googleマップ等のGoogle系
  • Dropbox
  • youtube
  • ヤフー検索

中国国内でこれらのサイトにアクセスするには、VPNというネット接続が必要だ。簡単に言うと中国の規制という壁にトンネルをつくる感じだ。

詳しく知りたい方は下記記事をご参考にしていただきたい。

中国で必須|VPNとはなにか
「中国でネットを自由に使うにはVPNが必要だと言われるが、VPNとはなんぞや?」 私は中国に来るまでVPNについて全く知らなかった。 だが確...
中国のグレート・ファイアウォール(金盾)とは|なぜVPNが必要?
中国でGmailやLINEを自由に使えない原因は? それは「金盾工程」という中国全土を網羅するインターネット上の情報検閲システムだ。 Great F...

VPN付きのレンタルWi-Fiを使うと中国の規制を回避できる。VPN付きレンタルWi-Fiの中でも有名なのがこの6社だ。

Wi-HO!(ワイホー)

jetfi(ジェットファイ)

中国WiFi「チャイナデータ」

イモトのWiFi

グローバルWiFi

海外WiFiレンタルのエクスモバイル

これらの会社の比較は下記記事を参考にしていただきたい。

中国レンタルWi-Fi最安を見積もり調査した結果
中国に旅行や出張で出かける時「現地でのインターネット接続をどうするか」は頭を悩ませる問題だ。 現地のSIMカードを購入するのも良いが、設定や条件を考えると...

では今回はこの中から、株式会社テレコムスクエアが運営している「Wi-Ho(ワイホー)」を使う大きなメリットをご紹介したい。

中国でWi-Ho(ワイホー)を使うメリット

株式会社テレコムスクエアが運営している海外レンタルWi-Fiの「Wi-Ho(ワイホー)」。

メリット1:多彩なレンタルプラン

1つ目のメリットは、レンタルプランが多いことだろう。250MBから1GBのプランまで選べる。自分の使い方にあったプランを選べるメリットがある。

しかも、4G/LTE回線でつかうことができる。大きなメリットと言える。

中国では現在運用されていないが、他の国では「無制限プラン」もあり、今後に期待が持てる。

メリット2:ルータの接続台数

2つ目のメリットは、Wi-Fiルーターの接続台数が多いことだ。

基本的に、海外レンタルWi-Fi各社は平均5台。だが「Wi-Ho(ワイホー)」は10台接続することができる。

メリット3:ビジネスプランを完備

同じくテレコムスクエアが運営している「Telecom Wi-Fi」は、特にビジネス面に特化したサービスを提供してくれる。

例えば、急な出張でもサポートしてくれる「当日受け取りサービス」や、1GBの大容量のプランで使うこともできる。

長期の出張、急な出張には特にオススメだ。

公式サイトWi-HO!(ワイホー)公式サイト

Wi-Ho 中国のWi-Fi【ワイホー】

結論:

【Wi-Ho(ワイホー)のレンタルWi-Fiは、グループで使う場合や、急な出張などビジネス面で特化している。特に接続台数の多さは他社にない強みで差別化を図っている】

ちなみに、値段的に格安というわけではないが、大手より2,000円ほど安くレンタルできるのも強みだ。

テレコムスクエアが運営している、海外Wi-Fiレンタルのワイホー。24時間日本語対応のサポートの強さがとても魅力的。

Wi-Ho(ワイホー)
プランA プランB
データ量 250MB/日 1GB/日
料金 680円/日 1,880円/日
速度  4G/LTE  4G/LTE
受け取り方 宅配・空港(下記参照)
返却方法 宅配・空港(下記参照)
キャンセル料 2,160円/台
延滞料金 【有り】1日分の料金×延滞日数
保証・安心パック 【有り】 200円/日
連続使用時間 6〜9時間
接続可能台数 10台(1位)

・料金 補足 ー

ワイホーの場合、VPNはオプションで上記の金額に+300円/台となる。

さらに商品手配手数料との名目で、1契約につき540円必要。1台ごとではないのでご安心を。

・受け取り方 ー

宅配・空港カウンターでの受け取りを選べる。どちらの場合も出発日の前日のみ受け取り可能。前々日受け取りはできない。

送料500円必要。合計3,000円以上で送料無料。

受け取り可能空港は新千歳・成田・羽田・中部セントレア・関空・福岡だ。詳しくはWi-HO!(ワイホー)公式サイトをご参考に。

・返却方法 ー

宅配・空港カウンターでの返却を選べる。上記の空港に返却Boxあり。

宅配の場合、送料は自己負担。

・キャンセルについて ー

受取予定日の2日前から2,160円/台 が必要。

・延滞料金 ー

1日のレンタル料金(保証も含む)×超過日数分=延滞料金

・保証 ー

紛失、盗難、破損は全額補償。

但し、こんな注意書きが。

商品の紛失・盗難の際には必ず現地警察署または公的機関の証明書をご提示ください(ご提示なき場合、あんしん保証に加入されていてもWiFiルーターおよびSIMカードに関しては、弁償代金の50%を請求させていただきます)。

ということは証明書がない場合、ルーターとSIMカードの弁償金額は、合わせて40,000円/台なので、50%の20,000円の請求となる。

Wi-Ho(ワイホー) の口コミ:

「定額で複数人の利用が可能なので友達との旅行でよく使っています」

「なによりレンタル料が安い!」

「速度も早くてストレスなく使えました。ただちょっと本体が大きい気が・・」

1日あたりの料金の安さに驚きだ。しかも4G対応。旅行中たくさんデータ通信を使わない方におすすめである。あるいは、同時接続10台可能なので友達や家族と分けあって使うのもありだ。

公式サイトWi-HO!(ワイホー)公式サイト

最後に:グループで使うならWi-Ho(ワイホー)

Wi-Ho(ワイホー)のレンタルWi-Fiは大手にない、いい意味で隙間を狙ったサービスを提供している。

大人数で使える端末を備えていることや、ビジネス面で特化したレンタルWi-Fiサービスを提供している。

これだけのサービスで、大手より安くレンタルできる面は優秀と言えるだろう。

シェアする