ExpressVPN(エクスプレスVPN)が繋がらない時の対処法

中国に住む多くの外国人に支持されているExpressVPN(エクスプレスVPN)。

基本的に安定して使える優れたVPNサービスだが、時には繋がらないこともあるかもしれない。

ではその時どのような対処法が効果的か。今回はExpressVPNが繋がらない時の対処法を紹介する。

【中国】優秀なExpressVPNの導入・解約返金方法
「中国は政府によるネット規制があり、VPN接続を使わなければ自由にインターネットを使えない。」 今回は海外のVPN「ExpressVPN」を導入し...

1:ネットワークがオンラインになっていることを確認する

まず前提として、インターネットがオンラインになっているか確認する。

VPN接続ができない場合、VPNに接続せずにWebサイトを開いて、インターネット接続が機能しているかどうかを確認しておきたい。あるいは自宅のルータを30秒間抜き、ルータに接続し直して、VPN接続が可能か確認したい。

インターネットがダウンしている場合は、ISP(インターネット・サービス・プロバイダー)側で問題が発生している可能性がある。

2:別のネットワークでVPN接続する

例えば、自宅のネットワークで接続できない場合、スマホのモバイルデータ通信で接続可能か試してみたい。

もしスマホでも接続不可の場合、VPN自体に問題が起きているか、政府による規制強化が考えられる。

3:他の国のサーバーに接続する

ExpressVPNを中国で使う場合、オススメされるのはアメリカ・日本・香港のサーバーだ。

例えば、香港サーバーで接続不可の場合、日本のサーバに変更しもういちど接続を確認したい。その場合、隣国のサーバーが最も良いが、中国からアメリカ・ロスアンゼルスのサーバーに接続してもスピードは問題ない。

4:プロトコルの変更

プロトコルの変更とは、いわゆる接続方法変更である。

アプリの「メニュー(≡)」から「セッティング」へと進むとプロトコルの変更を行える。

初期設定では、「推奨」の設定になっているが「UDP」や「TCP」に変更することができる。

特定のVPNプロトコルでは、強い接続を維持するのが難しい場合があります。セキュリティ上、理想的ではないがPPTPを試すこともできる。だがおすすめはOpenVPNの接続方式だ。

上記のように、UDPからTCPへの変更(またはその逆)も役立つ。

5:最新のソフトウェアバージョンを持っていることを確認

VPNプロバイダは、開発者と協力して、ソフトウェアができるだけ安定して効果的であることを確認する。OSや一部ソフトが最新バージョンでない場合は、安定性の問題が発生する可能性がある。

可能であれば、VPNソフトウェアの自動更新を許可できる。 あるいは定期的にアプリ更新を確認し実行する。

6:他のアプリorソフトを閉じる

特に古いコンピュータを使用している場合、多くのアプリケーションを開いていると、VPN接続に問題が発生する可能性がある。必要でないものソフトやアプリは閉じることを試してみたい。

7:コンピュータを再起動

時に、コンピューターを再起動をするだけで問題が解決されることがある。

事実、長い時間コンピューターの再起動やシャットダウンを行なっていない場合、一部のソフトやアプリに支障が出る場合がある。

もし最近、再起動やシャットダウンを行なっていないなら試しても良いだろう。

8:ExpressVPNアプリを再インストール

最悪の場合は、VPNクライアントを削除して再インストールしてください。

その場合、ExpressVPNのアカウントにログインして再インストールできる。

9:しばらく待つ

まず対処法を実践する前に、前提としておすすめするのはしばらく待つことだ。1時間も待つ必要はなく、数分間待つことをオススメする。早ければ1.2分で復活することもある。

それでもダメなら

上記の方法を試しても一向にVPN接続が復帰しない場合、サポートに連絡しよう。

もしくは、他のVPNサービスを試してみるのも良いだろう。

もしも一時的な不具合なら、良之助VPNの3日から契約可能なVPNプランをその場しのぎに使っても良い。

公式サイト良之助VPN

さらに安定した日本の接続を望むなら、この際、セカイVPNを試すのも良いだろう。

参考リンク:セカイVPNがおすすめされる理由!

公式サイトセカイVPN

〝それでも〟繋がらない原因

ここで簡単に繋がらない原因を説明する。

基本的に〝それでも〟VPNが繋がらない原因として考えられるのはただ1つ。

中国政府によるインターネット規制強化である。正直、VPN各社の技術的なトラブルは考えられない。

これまで中国でのVPN接続は、中国共産党の党大会や、大きな政治的活動が行われる際に規制が強化されてきた。特に5年に一度の党大会付近になると注意が必要だ。

さらに2018年5月より本格的に開始されたサイバーセキュリティ法により、今後さらに規制強化されることも考えられる。

覚えておきたい点だが、中国では時間帯や場所によってもVPNが繋がらないことがある。特に中国政府が注視している土地(ウイグル地区など)においてはVPN接続が規制強化されていることもある。

セカイVPNが繋がらない場合、間違いなく政府のインターネット規制が関係している。ただ何時間も接続不可の場合には、他のVPNサービスを使うことも考慮に入れておきたい。

最後に:

ExpressVPNは接続の安定感に定評があるVPNサービスだ。これまで使い出して繋がらなかったことは経験がない。だがひとりの友人はアプリを再インストールした、とも言っていた。

中国でVPNを初めて使うならセカイVPNがおすすめな11の理由|デメリットはあるか
中国でGmailやLINE、Yahoo!検索を使うにはVPNが必要である。 だがVPNサービスはたくさんあり、どこが良いのか。そんな中で初めて中国でVPN...

時として、あるいは場所によって接続が不安定なこともあるかもしれない。その時の対処法として参考になれば幸いだ。